システムエンジニアとして活躍するには?

ではシステムエンジニアの給料は?

システムエンジニアの給料は?

システムエンジニアの給料は?

年収を決めるいくつかの要素とは

LINEで送る
Pocket

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニアの平均年収は600万円前後といわれていますが、能力によっては若くても年収800万円を超えることがあるほど、一般的な給料と比べると水準は高めです。多くの場合、新卒入社からしばらくは一般職と同じぐらいの給料水準ですが、経験が増えていくごとにその差が開いていくという特徴があります。システムエンジニアは、給料の高さに比例して労働時間が長く、繁忙期は残業続きになったり徹夜になったりと、ハードな職種としても有名です。

給与形態や雇用形態によって差がある

残業手当が支払われるか、残業手当のない裁量労働制かによってシステムエンジニアが受け取ることのできる金額が変わってきます。裁量労働制の場合はどれだけ働いても残業代込みの給与になってしまうため、いくらトータル年収は多くても、時給換算してみると割りに合わないという現象が起きかねません。正社員の場合、残業手当があるか裁量労働制かが年収を分けるポイントになりますが、システムエンジニアとして働く人の中には、非正規雇用の状態にある人もいます。アルバイトやパートの場合、時給は1,000円から5,000円ぐらいの間で募集されていることが多いようです。非正規雇用であっても、システムエンジニアとしての能力が高い人は現場で重宝されるため、やはり高収入となる傾向があります。

より高収入を狙えるのはフリーランス

企業でシステムエンジニアとしての場数を多く踏むと、フリーランスになって年収1,000万円を超える人もいます。ただし、年収1,000万円を超えるためには、豊富な実務経験、ITに関する専門知識、明確な実績などが必要になるだけでなく、高いビジネスセンスも求められるようになります。ハイスキルのシステムエンジニアであれば、大規模プロジェクトへの参画チャンスもあるでしょう。そして、大規模プロジェクト参画が実績のひとつとなり、次の大きなプロジェクトへと結びついていくという好循環が生まれやすくなり、結果として高収入に結びつきます。

システムエンジニアの収入には個人差がある

システムエンジニアを必要としている業界は、ITの分野だけでなくその他の幅広い分野に及ぶので、「システムエンジニアであればいくらぐらい稼げる」という明確な基準はありません。働く業界が異なれば給与水準も違いますし、地域によっても差があるでしょう。どのような労働環境を選ぶかは、どのようなスキルや実績を持っているのかにもよるので、若いうちからできるだけ多くの経験を積んでおくことが大切です。

こちらも読まれています!

  • フリーランスとして働く!
    フリーランスとして働く!

    時間も場所も自由に選択できるイメージの強いフリーランスですが、システムエンジニアに関しては企業に通勤する「出向型」がほとんどです。「在宅型」を希望する人は大勢いますが、セキュリティ上の問題等でなかなか実現が難しく、大手企業ほど出向になる可能性が高くなります。フリーランスになると、自由に仕事を選べるというメリットがありますが、結果に対する責任も全て自分が追うようになります。頑張り次第で年収アップも夢ではありません。

  • 正社員として働く!
    正社員として働く!

    システムエンジニアが正社員として働く道には、企業専属の社内SEとして自社のシステムに注力するか、SIerでさまざまな現場の開発に携わり、幅広いノウハウに触れるかの2つがあります。社内SEなら自社システムのエキスパートになれますし、SIerならさまざまな企業のシステム開発やトラブルに対して臨機応変に対処できるようになります。どちらの働き方が自分にとってメリットとなるかは、どのように成長していきたいと考えているかによって異なります。

  • システムエンジニアの給料は?
    システムエンジニアの給料は?

    システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円前後と高めの水準ですが、働き方や働く業界などによってその額が前後します。中には1,000万円を超える年収を得ている人もいます。会社員でも一般的な会社員より専門性が高いということから年収は高めですが、派遣社員でもレベルによってはかなりの高収入を得るケースがあります。より高みを目指したいなら、独立してフリーランスのシステムエンジニアになるとよりチャンスが増えます。