システムエンジニアとして活躍するには?

システムエンジニアの働き方:正社員

正社員として働く!

正社員として働く!

正社員には2つの働き方がある

LINEで送る
Pocket

システムエンジニアの役割

システムエンジニアは、コンピュータの登場と共に成長してきた職種です。人の手で行われていたことが、コンピュータ技術の進歩によってどんどん効率化されていった背景には、システムエンジニアたちの力が大きく関係しています。今ではほとんどの人が当たり前にインターネットを使うようになりましたが、それを可能にしているのがOSやアプリケーション等のソフトウェアです。ソフトウェア開発は、システムの設計者や設計書通りにシステムを組み立てる人などさまざまな役割の人がかかわっています。システムエンジニアはその中でいう設計者、および現場監督のような役割と考えるとわかりやすいかもしれません。正社員のシステムエンジニア募集はすぐに見つかるほど、人材がまだまだ足りていない現状があります。

正社員のシステムエンジニア

システムエンジニアの働き方にはいろいろなものがありますが、まずは正社員からスタートするという人が少なくありません。システムエンジニアの仕事は、まずクライアントから要望を聞き取り、仕様を決定し設計書に落とし込むことから始まります。そして、クライアントと開発チームの間に入ってスケジュールの調整を行い、進捗状況を見守りながら納期までにシステムを完成させます。これを行うためには、開発に関する知識はもちろんのこと、高度なコミュニケーション力が求められますし、クライアントの要望を正しくイメージする想像力も必要です。システム開発に詳しくないクライアントに対し、専門的なことをわかりやすく伝える力、クライアントの話にじっくり耳を傾ける姿勢なども重要です。

社内SEとSIer

正社員として働くシステムエンジニアには、社内SEとSIerと2つのタイプの働き方があります。社内SEは、社内のシステム開発を企画から保守までトータルコーディネートすることが主な仕事で、SIerは、他社のシステム開発を部分的に手がけます。社内SEはひとつのシステムに開発段階から長く関わることができるので、社内システムについての技術力を高めていくことができます。また、運用しているシステムをどう経営に生かしていくかという視点での考え方を育んでいくこともできます。SIerは、あるプロジェクトの一部のフェーズのみを請け負い、またすぐ別のプロジェクトにアサインするという働き方になることが多くなります。一貫してシステム開発に携わることは少なくなりますが、多様なノウハウに接するチャンスがあり、トラブルにも強くなります。どちらの働き方がいいかは、システムエンジニアとしてその後どこを目指すかによるところが大きく、向き不向きもあります。

こちらも読まれています!

  • フリーランスとして働く!
    フリーランスとして働く!

    時間も場所も自由に選択できるイメージの強いフリーランスですが、システムエンジニアに関しては企業に通勤する「出向型」がほとんどです。「在宅型」を希望する人は大勢いますが、セキュリティ上の問題等でなかなか実現が難しく、大手企業ほど出向になる可能性が高くなります。フリーランスになると、自由に仕事を選べるというメリットがありますが、結果に対する責任も全て自分が追うようになります。頑張り次第で年収アップも夢ではありません。

  • 正社員として働く!
    正社員として働く!

    システムエンジニアが正社員として働く道には、企業専属の社内SEとして自社のシステムに注力するか、SIerでさまざまな現場の開発に携わり、幅広いノウハウに触れるかの2つがあります。社内SEなら自社システムのエキスパートになれますし、SIerならさまざまな企業のシステム開発やトラブルに対して臨機応変に対処できるようになります。どちらの働き方が自分にとってメリットとなるかは、どのように成長していきたいと考えているかによって異なります。

  • システムエンジニアの給料は?
    システムエンジニアの給料は?

    システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円前後と高めの水準ですが、働き方や働く業界などによってその額が前後します。中には1,000万円を超える年収を得ている人もいます。会社員でも一般的な会社員より専門性が高いということから年収は高めですが、派遣社員でもレベルによってはかなりの高収入を得るケースがあります。より高みを目指したいなら、独立してフリーランスのシステムエンジニアになるとよりチャンスが増えます。