システムエンジニアとして活躍するには?

システムエンジニアの働き方:フリーランス

フリーランスとして働く!

フリーランスとして働く!

フリーランスに多い働き方とは

LINEで送る
Pocket

フリーランスの働き方

フリーランスのシステムエンジニアと聞くと、在宅で作業する姿を思い浮かべるかもしれませんが、実際は、正社員として働く人と同様にクライアントとなる企業に出勤する「出向型」が主流です。働き方の多様化が進むにつれ、「在宅型」を望む声は多くなっていますが、企業の機密データや資料、個人情報等の流出に対する不安もあって、企業規模が大きいほど出向型のシステムエンジニアを募集する傾向があります。出向型のフリーランスは、一般の社員と同じように仕事をしている状態なので、独立した実感があまりないのではと思われがちですが、フリーランスは業務委託なので、社員と一緒になって残業をする必要はなく、自分が果たすべき仕事を果たせばそのぶんの報酬がしっかり支払われます。在宅型のシステムエンジニアは、クライアントから受け取った仕様書に基づいてプログラミングを行う案件がほとんどで、システムエンジニアというよりはプログラマーとしての役割が濃くなる特徴があります。

フリーランスになるタイミング

独立を考えている人にとって、タイミングはとても重要です。ステムエンジニアとして独立するためには、要件定義からシステムの基本および詳細設計、プログラミングからテスト、保守、点検と、システム開発から運用までの全てを把握し、自分でやり抜ける自信をつけなければなりません。傾向としては、会社員として5年以上の現場経験を積んでから独立という流れになる人が多く、早い人では2~3年というケースもあるようです。

メリットとデメリット

フリーランスの醍醐味は、自らの実力で勝負できることです。他の人のミスのフォローに追われることもなく、自分の責任において仕事をこなすことができます。頑張れば頑張っただけ報われるという達成感は、会社員のままでは味わえない感覚でしょう。しかし、それは責任がより重くなることも意味しています。大きなミスをしても守ってくれる会社はなく、すべて自分で対応しなければならないのです。給料面は、中間マージンがないぶんフリーランスのほうが高めですが、不安定になることは覚悟しなければなりません。得意な分野、興味のある分野の仕事だけを選べるのも、フリーランスならではのメリットです。ただし、好きな仕事だけを選んでいると、スキルや知識が偏ってしまう可能性があります。

勝ち抜けられるフリーランスになるために

独立し生き残っていくためには、自分の強みを明確にし、高いスキルと営業力、交渉力を磨く必要があります。フリーランスになる人の中には、会社の信用が自分の信用だと思い込み、独立してから状況の変化に戸惑う人もいるので、会社の看板がなくてもやっていけるだけの実力が本当にあるのかを見極めることが大切です。

こちらも読まれています!

  • フリーランスとして働く!
    フリーランスとして働く!

    時間も場所も自由に選択できるイメージの強いフリーランスですが、システムエンジニアに関しては企業に通勤する「出向型」がほとんどです。「在宅型」を希望する人は大勢いますが、セキュリティ上の問題等でなかなか実現が難しく、大手企業ほど出向になる可能性が高くなります。フリーランスになると、自由に仕事を選べるというメリットがありますが、結果に対する責任も全て自分が追うようになります。頑張り次第で年収アップも夢ではありません。

  • 正社員として働く!
    正社員として働く!

    システムエンジニアが正社員として働く道には、企業専属の社内SEとして自社のシステムに注力するか、SIerでさまざまな現場の開発に携わり、幅広いノウハウに触れるかの2つがあります。社内SEなら自社システムのエキスパートになれますし、SIerならさまざまな企業のシステム開発やトラブルに対して臨機応変に対処できるようになります。どちらの働き方が自分にとってメリットとなるかは、どのように成長していきたいと考えているかによって異なります。

  • システムエンジニアの給料は?
    システムエンジニアの給料は?

    システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円前後と高めの水準ですが、働き方や働く業界などによってその額が前後します。中には1,000万円を超える年収を得ている人もいます。会社員でも一般的な会社員より専門性が高いということから年収は高めですが、派遣社員でもレベルによってはかなりの高収入を得るケースがあります。より高みを目指したいなら、独立してフリーランスのシステムエンジニアになるとよりチャンスが増えます。