システムエンジニアとして活躍するには?

多様なシステムエンジニアの働き方

システムエンジニアの働き方は?

システムエンジニアの働き方を大きく分けるとすれば、正社員、派遣社員、フリーランスの3つに分けることができます。多くの人は、まず正社員や派遣社員など、企業に雇用されるという形でシステムエンジニアとしての第一歩を踏み出します。数年の経験を経て十分な実力がつき、ひとりでやっていける自信がつくと独立してフリーランスになる人もいます。どの働き方にもメリット・デメリット、向き不向きがあるので自己吟味しつつ自分に合う募集を見つけましょう。

正社員として働く!

正社員として働く!

正社員のシステムエンジニアが社内SEとSIerのどちらを選択するかは、自分の目指す方向性によります。

フリーランスとして働く!

フリーランスとして働く!

フリーランスのシステムエンジニアは、独立のメリットとデメリットしっかり理解し、勝ち抜く努力が必要です。

派遣社員として働く!

派遣社員として働く!

派遣社員はあまり稼げないイメージがありますが、システムエンジニアの場合は能力次第で高収入を目指せます。

こちらも読まれています!

  • フリーランスとして働く!
    フリーランスとして働く!

    時間も場所も自由に選択できるイメージの強いフリーランスですが、システムエンジニアに関しては企業に通勤する「出向型」がほとんどです。「在宅型」を希望する人は大勢いますが、セキュリティ上の問題等でなかなか実現が難しく、大手企業ほど出向になる可能性が高くなります。フリーランスになると、自由に仕事を選べるというメリットがありますが、結果に対する責任も全て自分が追うようになります。頑張り次第で年収アップも夢ではありません。

  • 正社員として働く!
    正社員として働く!

    システムエンジニアが正社員として働く道には、企業専属の社内SEとして自社のシステムに注力するか、SIerでさまざまな現場の開発に携わり、幅広いノウハウに触れるかの2つがあります。社内SEなら自社システムのエキスパートになれますし、SIerならさまざまな企業のシステム開発やトラブルに対して臨機応変に対処できるようになります。どちらの働き方が自分にとってメリットとなるかは、どのように成長していきたいと考えているかによって異なります。

  • システムエンジニアの給料は?
    システムエンジニアの給料は?

    システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円前後と高めの水準ですが、働き方や働く業界などによってその額が前後します。中には1,000万円を超える年収を得ている人もいます。会社員でも一般的な会社員より専門性が高いということから年収は高めですが、派遣社員でもレベルによってはかなりの高収入を得るケースがあります。より高みを目指したいなら、独立してフリーランスのシステムエンジニアになるとよりチャンスが増えます。