システムエンジニアとして活躍するには?

システムエンジニアの転職ならワークポート

ワークポートの特徴は?

ワークポートの特徴は?

IT業界転職とサポート力に自信あり

LINEで送る
Pocket

ワークポートの特徴をチェック

総合型の転職エージェントとしてこれからご紹介するワークポートは、もともとはITの分野に特化した転職エージェントを運営していました。しかし、現在では、営業、企画、マーケティング、ものづくり、事務、経理、管理、総務など幅広い分野の転職サポートも行っています。最も得意とするのはやはりIT分野で、エンジニア、デザイナー、ライターなど、募集が出ている職種はその他バラエティ豊富です。また、ゲーム業界にも太いパイプを持っています。保有している案件数は常時1万件以上と豊富で、IT業界出身の転職コンシェルジュが数多く在籍しています。もちろんその他の分野もスペシャリスト揃いですが、IT専門としてスタートし、長年かけて実績を培ってきた転職エージェントだけに、IT業界の転職には特に自信を持っています。

サポート力が抜群

ワークポートが保有するIT系案件の中で特に多いのがITエンジニアで、IT業界の総案件数の半数近くを占めています。IT転職を担当する転職コンシェルジュは、知識豊富な元システムエンジニアが多く、専門的な内容を含むことでも遠慮なく相談できます。IT業界には、サービス残業や残業代未払いなどのブラック企業と呼ばれるところがまだまだあるため、転職に不安を感じている人も少なくありませんが、ワークポートのスタッフの中には、取引している企業の内部情報をよく把握している人も多くおり、スタッフ同士の情報共有を徹底しています。雇用のミスマッチ防止に力を注いでいるので、気になる企業の残業実態や研修方法について把握していれば、その情報を快く教えてもらうことができるでしょう。

転職未経験者にはよりわかりやすく、転職経験者はより深く幅広い情報を得られるようサイトも工夫されており、転職セミナーの最新情報も入手できます。 システムエンジニアの募集中案件

ユーザーページでスケジュール管理

利用者に好評なのが、「eコンシェルジュ」というワークポートオリジナルのスケジュール管理ツールです。eコンシェルジュを使えば、PCもしくはスマートフォンで応募情報や選考情報などの転職スケジュールを一括管理できます。また、担当コンシェルジュへの問い合わせもツールから行うことができるので、聞きたいことがあるときにいつでも手軽にメッセージを送信できます。ワークポートおすすめの求人情報もeコンシェルジュからいち早くキャッチできるので、大切な情報を逃してしまうことはありません。在職中の転職活動はなにかと忙しいので、ワークポートを利用するなら、このツールをうまく活用することをおすすめします。

こちらも読まれています!

  • フリーランスとして働く!
    フリーランスとして働く!

    時間も場所も自由に選択できるイメージの強いフリーランスですが、システムエンジニアに関しては企業に通勤する「出向型」がほとんどです。「在宅型」を希望する人は大勢いますが、セキュリティ上の問題等でなかなか実現が難しく、大手企業ほど出向になる可能性が高くなります。フリーランスになると、自由に仕事を選べるというメリットがありますが、結果に対する責任も全て自分が追うようになります。頑張り次第で年収アップも夢ではありません。

  • 正社員として働く!
    正社員として働く!

    システムエンジニアが正社員として働く道には、企業専属の社内SEとして自社のシステムに注力するか、SIerでさまざまな現場の開発に携わり、幅広いノウハウに触れるかの2つがあります。社内SEなら自社システムのエキスパートになれますし、SIerならさまざまな企業のシステム開発やトラブルに対して臨機応変に対処できるようになります。どちらの働き方が自分にとってメリットとなるかは、どのように成長していきたいと考えているかによって異なります。

  • システムエンジニアの給料は?
    システムエンジニアの給料は?

    システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円前後と高めの水準ですが、働き方や働く業界などによってその額が前後します。中には1,000万円を超える年収を得ている人もいます。会社員でも一般的な会社員より専門性が高いということから年収は高めですが、派遣社員でもレベルによってはかなりの高収入を得るケースがあります。より高みを目指したいなら、独立してフリーランスのシステムエンジニアになるとよりチャンスが増えます。