システムエンジニアとして活躍するには?

フリーランスのシステムエンジニアならレバテックフリーランス

レバテックフリーランスの特徴は?

レバテックフリーランスの特徴は?

高単価案件を狙うなら

LINEで送る
Pocket

レバテックフリーランスがおすすめ

フリーランスのシステムエンジニアは、会社員や派遣とは違って自分で営業しなければなりません。営業に多くの手間を費やしてしまうと、肝心の本業に費やす時間が少なくなり、本業だけに専念していると次の案件を探すことができなくなります。そのジレンマを解消できるのがエージェントの存在です。フリーランス専門のエージェントはいくつもありますが、ここでは、人材総合サービスのレバレジーズ社が運営しているレバテックフリーランスについてご紹介します。

業界最高レベルの高単価案件が多い

レバテックフリーランスでは最大の魅力の一つに、業界最高レベルともいわれる高単価の案件が多い事が挙げられます。 エンジニアの中でも突き抜けた高い能力と交渉テクニックあれば別ですが、ほとんどの場合、交渉時に難しい選択を迫られることになる中、信頼関係がすでにある企業同士の交渉は、高単価での取引に持ち込みやすいというメリットがあります。 レバテックフリーランスでは間に他社を挟むことなく、企業と直接取り引きをすること中間マージンが低く抑えられており、更に企業からの豊富な実績で信頼関係が築かれているため、高単価での発注金額で案件を獲得しています。 保有している案件数は安定的に多く、IT系の中でも特にWeb業界に強いという特徴があります。 サイト上で公開されているものだけでも十分な案件数が確保されている状況ですが、魅力的な非公開案件も数多く寄せられています。プロジェクトの性質上、競合他社に知られないよう極秘裏に人材を募集したいというクライアントも多く、そのような案件はエージェントにしかないものばかりです。

ITエンジニアなら一度はチャレンジしてみたい人も多いベンチャー案件も豊富なので、事業を大きくしていく楽しみを見つけることもできます。専門の知識があるコーディネーターがいるため、エンジニアと企業双方のニーズを捉えた案件提案が可能です。 レバテックフリーランスのシステムエンジニア案件では、IT、Web業界での長年のマッチング実績があり、マッチング制度も非常に高い事が特徴でもあるので、フリーランスとしてIT業界での活躍を考えられている方など是非一度ご相談ください。 システムエンジニアの募集中案件

万全のサポート体制も魅力的

エージェント利用の満足度を決めるのは、エージェントの理念やサービス内容もさることながら、担当者の資質によるところがあります。レバテックフリーランスでは、テクニカルカウンセラー、企業担当、フォロワーという3人の専任コーディネーターによる多角的なサポートで、フリーランスの仕事を確実にバックアップしています。ひとりのコーディネーターが一元的に管理するのではなく、それぞれのコーディネーターが自分の役割に徹することができるので、全体のサポートの質が向上するという仕組みです。マッチング専門のエージェントとはいえ、プロジェクト参画中のフォローも万全で、定期的なコミュニケーションでフリーランスにしっかり寄り添います。

こちらも読まれています!

  • フリーランスとして働く!
    フリーランスとして働く!

    時間も場所も自由に選択できるイメージの強いフリーランスですが、システムエンジニアに関しては企業に通勤する「出向型」がほとんどです。「在宅型」を希望する人は大勢いますが、セキュリティ上の問題等でなかなか実現が難しく、大手企業ほど出向になる可能性が高くなります。フリーランスになると、自由に仕事を選べるというメリットがありますが、結果に対する責任も全て自分が追うようになります。頑張り次第で年収アップも夢ではありません。

  • 正社員として働く!
    正社員として働く!

    システムエンジニアが正社員として働く道には、企業専属の社内SEとして自社のシステムに注力するか、SIerでさまざまな現場の開発に携わり、幅広いノウハウに触れるかの2つがあります。社内SEなら自社システムのエキスパートになれますし、SIerならさまざまな企業のシステム開発やトラブルに対して臨機応変に対処できるようになります。どちらの働き方が自分にとってメリットとなるかは、どのように成長していきたいと考えているかによって異なります。

  • システムエンジニアの給料は?
    システムエンジニアの給料は?

    システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円前後と高めの水準ですが、働き方や働く業界などによってその額が前後します。中には1,000万円を超える年収を得ている人もいます。会社員でも一般的な会社員より専門性が高いということから年収は高めですが、派遣社員でもレベルによってはかなりの高収入を得るケースがあります。より高みを目指したいなら、独立してフリーランスのシステムエンジニアになるとよりチャンスが増えます。